HOME | NBP's HRD Solution | 教育・研修・セミナー(2012年度:事業化プロ)

更新日 2017-12-22

教育・研修・セミナー

Innovators Business School

新規事業開発に必要な専門人材養成プログラム

2012年度 事業化プロデューサー養成講座

パンフレットこちらからダウンロードできます。



事業化プロデューサーとは・・・

  • 技術やソリューション力など、自社のコンピタンスと顧客とをつなぎ、新たな売上・利益をつくれる統括人材のことです。

本講座の狙い・・・

  •  事業化プロデューサーとは簡単に言うと、「新たな売上をつくれる人材のこと」です。 技術等自社のコンピタンスを理解し、顧客ニーズと結びつけた上で魅力あるビジネスモデルをつくり、そして新規事業創出のマーケティングのできる、エネルギーを持った 人材のことです。
  •   企業には、研究開発、企画、製造、営業など各機能の専門人材は豊富に存在して います。しかし、上記のような事業化プロデューサー人材は、必要とされているにも関わらず、育成の仕組みがないのというのが実態です。
  • 本講座は、事業化プロデュースの専門講義、事例スピーチ、及び実践的な演習(異業種の方とのグループ演習)との組み合わせにより、事業化プロデュースの進め方の体系と必要とされる実践的な企画技能の習得を狙いにすると共に、革新的マインドの醸成も合わせて狙いとするものです。
  • なお、異業種の方との真剣なディスカッションを通じ、楽しく大きな刺激が受けられたと好評をいただいております。

本講座の特徴と習得スキル

特徴①

新しい価値を創出するために工夫された事業開発のプロセスを学び、体験

  • 「潜在にニーズを掘起こすことが大切」、「新しい価値の提案が必要」など、目標的な言葉はたくさんあるものの、そのような事業をどのようなプロセスでつくっていくのかという、“企画開発のプロセス”について体系的に語られてるものはほとんどありません。本講座は、数多くの経験の中から構築・工夫されたオリジナルのプロセスとノウハウを学び、演習を通して体験していただきます。

特徴②

ビジネスレイヤーを意識した内容

  • 企画やマーケティングの世界では、消費財やネットサービスなどの話に偏る傾向があります。本講座は、材料、部品・モジュール、最終製品、サービス等のビジネスレイヤーを意識した内容となっており、幅広い業種の方にご参加いただける内容となっています。


特徴③

新規事業開発のための思考の技術

  • 新しいことを考え出すには、論理的思考だけでは十分ではありません。構造的に、素直に、そして深く考えるなど、想像力と創造力を引き出すようなモノの考え方が必要です。事業化プロデューサーとして必要なる考える技術を学んでいただけます。

特徴④

シーズtoビジネスとニーズtoビジネスの進め方

  • 技術シーズを出発点とする進め方と顧客の持つニーズや目的を出発点とする進め方では違いがあります。演習では、双方の課題を設定し、その進め方を体験していただきます。

特徴⑤

事業構想力の向上に向けたビジネスモデル研究

  • 「成熟市場での戦略は、ニッチ市場を狙う」という常識が浸透しているためか、新規事業として生まれる事業は小粒なものが多くなっています。しかし、大粒の事業をつくるという目標を持っている企業は多く、そのためには、「大きな事業を構想するという」発想と構築づくりのの考え方が必要となります。本研修では、事業構想力の向上を意識し、そのためのビジネスモデル研究を弊社の独自の視点を参考に行なっていただきます。

対 象

  • 新規事業に積極的な企業に属し、企業での実務経験を有する新規事業開発のリーダー、もしくは将来のリーダー候補の方々を対象とします。
  • たとえば、次のような方に最適です。
  • 研究開発部門
  • ・研究開発の成果をビジネスに結び付けていくことを期待されている、もしくはビジネスに結び付けなければならない立場の方。
  • ・技術は分かるものの、それを市場に受け入れられる商品に、どのように仕立て上げてよいのか悩んでる方。
  • 企画部門
  • ・新商品、新規事業開発の中核を担う方。新規事業の厳しい条件をクリアする事業をプランニングすることや、社内のコンセンサスを取ることに悩んでいる方。
  • マーケティング・営業部門
  • ・顧客に近い立場にいるため、顧客指向の商品・事業開発を期待されている立場の方。
  • ・身近にいる顧客の要求に偏った企画になりやすく、新たな市場をつくるという目的に立ったプランニングに悩んでいる方。
  • その他部門
  • ・部門は問わず、新たな事業の開発のミッションを与えられた方、もしくは自分自身でそのミッションを課している方。

基本カリキュラム


講座内容
講義(午前)
演習(午後)
1日目
ビジネスモデル
の基礎知識

2012年6月21日(木)

【講義】 ビジネスモデルの基礎

・新規事業には見えない壁がある(企業カルチャーと新規事業開発、意思決定の組織心理)
・これまでのやり方の見直しと新しい価値をつくる事業化プロデュースの進め方(新規事業開発にある常識を見直してみる)
・ビジネスモデルの基礎(商品アイデアとビジネスアイデアの違い)
・成功・失敗事例に学ぶ(成功の決め手は基本モデルにある)
・ビジネスレイヤーとは
・ビジネスレイヤーの違いと新規事業開発のポイント

 

【簡易演習】
【グループ演習】

・テーマ設定
・企業プロフィールの設定
・仮ドメイン(事業構造マップと領域の概念の絞り込み)の検討

【グループ別発表】

2日目
顧客セグメンテーション
とフォーカシング

2012年7月13日(金)

【講義】 顧客セグメンテーションとフォーカシング

・顧客セグメンテーションの難しさ(何故、セグメンテーションは簡単そうで難しいのか)
・目的に合ったセグメンテーションのやり方と構造化思考のコツ
・ニーズの本質への迫り方(潜在ニーズとは何か、潜在ニーズを掘起こす考え方、想像思考、洞察思考)
・アイデア発想のコツとアイデアの活かし方

【グループ演習】
・顧客マップの作成(何を軸にマップをつくるか)
・ターゲット顧客の特徴
・第1次アイデア発想(ビジネスアイデアとしての第1次アイデアの発想)

【グループ別発表】

3日目
顧客価値の創造

2012年8月2日(木)

ゲストスピーチ

株式会社ティーケーピー 社長室 松田憲明氏

テーマ(仮題)

 「空間を価値に変える貸し空間ビジネスの誕生と急成長の理由」


講義 顧客価値の新しい捉え方と顧客価値創造のプロセス

・顧客価値の構造(顧客価値の捉え方、価値の種類と大きさ)

・新たな顧客価値を創出する上位目的アプローチ

・基本価値と付加価値

・基本モデルの詳細(新規事業は、要素の調和が大切)

・顧客基点に立った評価と目利き

・未来カタログのつくり方と使い方

・ビジネスレイヤーの違いと顧客価値のつくり方

スキルアップ演習

・構造化思考のコツ(構造化・視覚化演習)

【グループ演習】
・新しい価値創出を実現する顧客指向のアイデア発想
・ユニークな売り方を考える
・基本モデルの設計(誰に、何を、どのように、をデザインする)

【グループ別発表】

4日目
事業特性の捉え方と
ビジネスモデルの構築

2012823日(木)

ゲストスピーチ

株式会社デンソー技研センター顧問/MI人財開発研究所 所長 今枝誠氏

テーマ(仮題)

 「デンソーの世界初、世界No.1商品が生まれた背景と価値創造の考え方と進め方


講義 競争優位のつくり方とビジネスモデルの構築

・事業特性の分析と継続的な競争優位のつくり方

・業務モデル、収益モデルの設計のポイント

・社内コンセンサスを得るコミュニケーションのポイント

・事業化計画の策定

・スタートアップのためのセルフプロデュース・マーケティング

【グループ演習】
・事業特性の分析と継続的競争優位の検討(事業のキーファクタはつくり出すもの)
・業務モデルの設計
・収益モデルの設計
・事業化計画策定

【グループ別発表】

5日目
グループ別成果発表と終了式

2012913日(木)

【講義】 プレゼンテーションの技術について
【グループ別プレゼン資料作成】

【グループ別成果発表】
【講評】
【全体ディスカッション】
◆テーマ:「講座を終えて、新規事業開発について本音で議論」

【懇親会】

 

株式会社ティーケーピー 社長室 松田憲明氏

テーマ(仮題)

 「空間を価値に変える貸し空間ビジネスの誕生と急成長の理由」

講義 顧客価値の新しい捉え方と顧客価値創造のプロセス

・顧客価値の構造(顧客価値の捉え方、価値の種類と大きさ)

・新たな顧客価値を創出する上位目的アプローチ

・基本価値と付加価値

・基本モデルの詳細(新規事業は、要素の調和が大切)

・顧客基点に立った評価と目利き

・未来カタログのつくり方と使い方

・ビジネスレイヤーの違いと顧客価値のつくり方

スキルアップ演習

・構造化思考のコツ(構造化・視覚化演習)

お問い合わせ
株式会社リーディング・イノベーション「事業化プロデューサー養成講座」担当:高橋
TEL 03-3591-2796 E-mail:takahashi@lead-in.com
東京都千代田区有楽町1-6-3 日比谷頴川(えいせん)ビル8階
URL:Http://www.lead-in.com