| HOME | NBP's HRD Solution | 2017年事業化プロ養成講座 |

更新日 2017-08-09

教育・研修・セミナー

Innovators Business School

新規事業開発に必要な専門人材養成プログラム

2017年 事業化プロデューサー養成講座

-「常識にとらわれずに新しい事業をつくり出す、事業化プロデュースの体系と実践的技能の習得講座-

パンフレットこちらからダウンロードできます。
pdf.gif

事業化プロデューサーとは・・・

  • 技術やソリューション力などの自社のコンピタンスと顧客とをつなぎ、新たな価値と売上をつくれる統括人材のことです。

本講座の狙い・・・

  •  事業化プロデューサーとは簡単に言うと、「新たな売上をつくれる人材のこと」です。 技術等自社のコンピタンスを理解し、顧客ニーズと結びつけた上で魅力あるビジネスモデルをつくり、そして新規事業創出のマーケティングのできる、エネルギーを持った 人材のことです。
  •   企業には、研究開発、企画、製造、営業など各機能の専門人材は豊富に存在して います。しかし、上記のような事業化プロデューサー人材は、必要とされているにも関わらず、育成の仕組みがないのというのが実態です。
  • 本講座は、事業化プロデュースの専門講義、事例紹介、及び実践的な演習(異業種の方とのグループ演習)との組み合わせにより、事業化プロデュースの進め方の体系と必要とされる実践的な事業企画の技能の習得を狙いにすると共に、革新的マインドの醸成も合わせて狙いとするものです。
  • なお、本講座は、異業種の方との真剣なディスカッションを通じ、楽しく大きな刺激が受けられたと好評をいただき継続しているものです。

本講座の特徴と習得スキル

特徴①
新しい価値を創出するために工夫されたタネ探しと事業企画のプロセスを学び、体験

  • 「レッドオーシャンではなく、ブルーオーシャンを探さなければダメだ」という目標的な言葉はたくさん聞かれます
  • が、そのような事業をどのようなプロセスでつくっていくのかという、“タネ探しと企画立案のプロセス”について体
  • 系的に語られてるものはほとんどありません。本講座は、数多くの経験の中から構築・工夫されたオリジナルの
  • プロセス(目的指向のアプローチ)とノウハウを、演習を通して学び、体験していただきます。

特徴②
ビジネスレイヤーを意識した内容

  •  企画やマーケティングの世界では、消費財やネットサービスなどの話に偏る傾向があります。本講座は、材料、
  •  部品・モジュール、最終製品、サービス等のビジネスレイヤーを意識した内容となっており、幅広い業種の方に
  •  ご参加いただける内容となっています。

スキル.gif
特徴③
新規事業開発のための思考の技術

  • 新しいことを考え出すには、論理的思考だけでは十分ではありません。構造的に、素直に、そして深く考えるな
  • ど、想像力と創造力を引き出すようなモノの考え方が必要です。事業化プロデューサーとして必要となる考える
  • 技術を学んでいただけます。

特徴④
シーズtoビジネスとニーズtoビジネスの進め方

  • 技術シーズを出発点とする進め方と顧客の持つニーズや目的を出発点とする進め方では違いがあります。演習では、双方の課
  • 題を設定し、その進め方を体験していただきます。

特徴⑤
事業構想力の向上に向けたビジネスモデル研究

  •  「成熟市場での戦略は、ニッチ市場を狙う」という常識が浸透しているためか、新規事業として生まれる事業は小粒なものが多くなっています。しかし、大粒の事業をつくるという目標を持っている企業は多く、そのためには、ニッチではなく「大きな事業を構想する」という発想とグランドデザインの考え方が必要となります。
  • 本講座では、事業構想力の向上を意識し、そのためのビジネスモデル研究を弊社の独自の視点を参考に行なっていただきます。

対 象

  • 新規事業に積極的な企業に属し、企業での実務経験を有する新規事業開発のリーダー、もしくは将来のリーダー候補の方々を対象とします。
  • たとえば、次のような方に最適です。
  • 研究開発部門
  • ・研究開発の成果をビジネスに結び付けていくことを期待されている、もしくはビジネスに結び付けなければならない立場の方。
  • ・技術は分かるものの、それを市場に受け入れられる商品に、どのように仕立て上げてよいのか悩んでる方。
  • 企画部門
  • ・新商品、新規事業開発の中核を担う方。新規事業の厳しい条件をクリアする事業をプランニングすることや、社内のコンセンサスを取ることに悩んでいる方。
  • マーケティング・営業部門
  • ・顧客に近い立場にいるため、顧客指向の商品・事業開発を期待されている立場の方。
  • ・身近にいる顧客の要求に偏った企画になりやすく、新たな市場をつくるという目的に立ったプランニングに悩んでいる方。
  • その他部門
  • ・部門は問わず、新たな事業の開発のミッションを与えられた方、もしくは自分自身でそのミッションを課している方。

基本カリキュラム

001.jpg

お問い合わせ
株式会社リーディング・イノベーション
東京都千代田区有楽町1-6-3 日比谷頴川(えいせん)ビル8階
Tel.03-3591-2796 担当:高橋
URL:http://www.lead-in.com
E-mail:takahashi@lead-in.com