HOME | NBP's HRD Solution | 教育・研修・セミナー(CRP)

更新日 2017-12-22

教育・研修・セミナー

Innovators Business School

新規事業開発力向上コース

~CRP手法による新規事業開発~

パンフレット及びお申し込み用紙はこちらからダウンロードできます。

本研修のねらい

  • 新規事業を開発していく際には、大きな問題が2つあります。ひとつは、「魅力ある商品・事業のタネを捜すこと」であり、もうひとつは、「社内にオーソライズし、事業化を実践に移すこと」です。
  • 社内で新規事業を開発する場合には、上記2つの問題の解決が必要となります。
  • CRP(Customer Relation Planning)は、上記問題を同時解決するための方法であり、シンプルですが、極めて本質を突いた方法です。
  • 本研修は、多くの企業への適用実績のあるCRP手法の体系、および推進上のポイントの理解を通じ、自社の強みを活かし、かつ顧客にとって魅力ある事業をどのようにつくるかということについての考え方、進め方を学ぶと共に、新規事業開発に必要な実務的なスキルの体得を狙いとします。

CRPのコンセプト

  •  ニーズ指向の商品づくりを心がけているものの、結果として架空のニーズに対応する商品
  • をつくってしまうという現象は、多くの企業で起こっています。これは、下記に記したように「空想的プランニング」のプロセスに陥っているためです。
  • CRPとは、このような結果を招かないための手法であり、「何をつくったらよいか」というアイデアから出発するのではなく、「誰に売りたいか」という“顧客を決める”ことを出発点とするものです。


本研修の特徴

  • ◆CRPの体系を解説した上で、推進ステップに沿い実践的に解説します。
  • ◆各ステップには、質の高いアウトプットを抽出するために、様々なノウハウが必要となります。 できる限り、事例を用いながらポイントについて解説します。
  • ◆理解を促すため、簡易演習を取り入れます。

本研修の対象者

  • 研究、開発、設計、企画に携わるマネジャー、及び担当者
  • ◆なお、研修の定員は、原則20名以下とします。

基本カリキュラム

   


1日目
2日目
午前
1.大手企業に立ちはだかる新事業開発の壁

2.CRPの概要
 ・新事業開発の一般的プロセスの体系
 ・CRPのコンセプト
 ・CRPの詳細推進ステップ

3.事業の現状分析と開発体質の把握
 ・自社資源の把握
 ・開発体質の分析

4.新規事業の仮ドメインの設定
 ・仮ドメイン設定の価値
 ・仮ドメイン設定のポイント

5.事業環境動向の分析

6.顧客セグメンテーションの基礎
 ・顧客セグメンテーションの狙いと価値
 ・顧客セグメンテーションの要件
 ・セグメンテーションのステップ

7.ニーズ探索の進め方
 ・潜在ニーズの捉え方
 ・シーズとニーズの組み合わせ

午前
8.顧客価値と商品訴求力
 ・顧客価値の構造
 ・上位目的構想

9.仮説力、洞察力について
 ・仮説力、洞察力とは/仮説力を高めるポイント
 ・想像力の重要性

10.事業特性とKFS
 ・事業特性とは
 ・事業特性の価値
 ・事業特性の捉え方/KFSの捉え方

11.参入戦略と事業化計画の体系
 ・戦略的思考の基礎
 ・参入戦略の体系
 ・事業化計画のつくり方とポイント
 ・不足資源の検討と調達方法
 ・事業発展のシナリオづくり ?


午後  【演習】

 (グループ別発表)

午後  【演習】

 (グループ別発表)


お問い合わせ
株式会社リーディング・イノベーション
東京都千代田区紀尾井町1-11戸田紀尾井町ビル
Tel.03-03239-3711 FAX.03-3239-3713 担当:高橋、橋本
URL:http://www.lead-in.com
E-mail:takahashi@lead-in.com
hashimoto@lead-in.com