HOME | NBP's HRD Solution | 教育・研修・セミナー(思いこみ商品)

更新日 2017-12-22

教育・研修・セミナー

Innovators Business School

B級商品、B級事業づくりからの脱却

~思い込み商品をつくらないための
ビジネスモデルの基礎~

パンフレット及びお申し込み用紙はこちらからダウンロードできます。

本研修のねらい

  •  新規事業開発は、これまでもたくさんの企業が手がけましたが、成功したケースは決して多いとは言えません。
  • 成功確率の低い原因として一般に指摘されていることは、アントレプレナーの不在、リスクを負えない企業の体質など、人材面や組織風土面が多くなっています。
  • そのため、大手・中堅企業からは新規の事業は生まれにくいと考察され、そのことが、昨今のベンチャーブームが起こるきっかけともなっています。
  • ところが、そのベンチャーも成功している企業は極めて少なく、期待されたような結果には結びついていないというのが実態です。
  •  このような状況になっている原因はいくつか考えられますが、最も大きな問題は、顧客を明確にしないまま商品を企画開発したため、顧客にフィットする商品に仕立て上げられていなということです。すなわち、思い込み商品を開発してしまっているためです。別の言い方をすれば,事業の基本である“顧客価値”、そしてそれを中核としたビジネスモデルに問題がある場合がほとんどということです。
  • A級と思っていたものが、市場に出してみて初めてB級商品、あるいはB級事業であったことに気づかされたことは多いのではないでしょうか。
  •  本研修は、思い込み商品の開発、あるいは思い込み技術の開発を行なわないための基本であり、また最も大切な問題である顧客価値、そしてビジネスモデルについての検討方法、及び構築方法について事例を交えながら解説します。また、このことにより、ビジネスモデルの共通認識化を図る共に、演習を通じながら魅力あるビジネスモデル構築のポイントの理解と実務的なスキルの体得を狙いとします。

課題のターゲット

  •  ビジネスモデルは、「基本モデル」「業務モデル」「収益モデル」の3つの要素から成り立っていると捉えると理解しやすくなります。各々の概要は以下のようですが、各要素を構築していくためには、様々な工夫とスキルが必要となります。


本研修の特徴

  • * ビジネスモデルの構造と構成要素について解説し、社内でコンセンサスが取れるようにその概念の理解を促します。
  • * 成功だけでなく、失敗事例も交えながら、ビジネスモデル構築のポイントを解説します。
  • * ビジネスモデルの構築ステップについて、実践的に解説します。
  • * より深い理解を促すため、演習を取り入れます。

本研修の対象者

  • 研究、開発、設計、企画に携わるマネジャー、及び担当者
  • ◆なお、研修の定員は、原則20名以下とします。

基本カリキュラム

   


1日目
2日目
午前
1.新事業開発の問題点
 ・現象的問題
 ・企業のカルチャーと新規事業

2.ビジネスモデルの基礎知識 
 ・ビジネスモデルの誕生
 ・ビジネスモデルとは
 ・ビジネスモデルの構成要素
 ・ビジネスモデルとアライアンス

3.失敗事例から学ぶ失敗のメカニズム
 ・ビジネスモデルの基礎知識
 ・売上が上がっても利益が出ないビジネスモデル
 ・寿命が短いビジネスモデル
 ・期待先行のビジネスモデル
 ・トレンド商品の落とし穴
 ・失敗のメカニズム
4.成功のモデル事例

 ・製造業のモデル事例
 ・IT企業のモデル事例
 ・サービス業のモデル事例

5.ニーズ指向商品づくりの体系
 ・無意識のシーズ指向プロセス
 ・カスタマーリレーションプランニング(CRP)の体系

6.顧客セグメンテーションの基礎
 ・顧客セグメンテーションの狙いと価値
 ・顧客セグメンテーションの要件
 ・顧客セグメンテーションのステップ

7.顧客価値と商品訴求力
 ・顧客価値の構造
 ・上位目的構想

午前
8.ニーズ探索の進め方
 ・潜在ニーズの捉え方
 ・シーズとニーズの組み合わせ

9.ビジネスモデル構築のポイント
 ・成功モデルと失敗モデルの違い
 ・既存市場変革型モデルと構築のポイント 
 ・新規需要を創造型モデルと構築のポイント

10.事業性評価のポイント
 ・客観的評価のポイント
 ・市場創出力
 ・戦略力
 ・実践力
 
11.ビジネスモデル構築のステップとポイント
 ・顧客の絞込みの論理
 ・ニーズからアイデアをつくる
 ・アイデア仮説に必要な想像力
 ・アイデア仮説の検証
 ・アイデアから商品・サービスの企画
 ・企画に必要な創造力
 ・商品・サービス企画からビジネスモデルの構築
 ・不足資源の検討
 ・不足資源の調達方法の検討
 ・ビジネスプランの策定
 ・事業発展のシナリオづくり

午後
 【演習】

 (グループ別発表)


午後
 【演習】

 (グループ別発表)




お問い合わせ
株式会社リーディング・イノベーション
東京都千代田区紀尾井町1-11戸田紀尾井町ビル
Tel.03-03239-3711 FAX.03-3239-3713 担当:高橋、橋本
URL:http://www.lead-in.com
E-mail:takahashi@lead-in.com
hashimoto@lead-in.com