| HOME | Business Development Solution | 日中技術提携・事業提携支援サービス |

更新日 2017-08-09

市場開拓のエージェント

スピーディーな市場開拓のエージェント

日中技術提携・事業提携支援サービス

 中国は、世界の製造拠点としての役割から、商品開発・発信拠点、そして世界最大の消費マーケットへと急速に進化しています。所得の向上に伴い購買力が強くなり、そのため、多くの日本の商品やサービスも中国で販売されています。
 このように、多くの魅力を持った中国ですが、日本と中国とは、未だに様々なギャップが存在してます。代表的なものとしては次のようなものが挙げられます。

 ・高級品、中級品における技術力、品質力のギャップ(日本>中国)
 ・普及品におけるコスト力ギャップ(中国>日本)

 中国を大きな消費マーケットとして捉え、その開拓を目指す場合、今後はスピードがより重要な要素となることが予想されますが、スピーディーな市場開拓を実現するには、このギャップに着目することが大切です。
 すなわち、中国企業との技術提携・事業提携により、素早い市場開拓を行なうということです。このことは、需要が急速に拡大している中国企業のとっても望ましい方向性です。そのため、日本企業から技術を提供し、中国企業と共同による製品開発、市場開拓を行なうという事例は確実に増えてきています。

 本サービスは、中国企業との技術提携・事業提携を支援し、スピーディーな市場開拓の実現を目指していくものです。

001.jpg

次のような課題に対してスピーディにお応えするサービスです。

  • 技術提携・事業提携により、中国市場をスピーディに開拓をしたい。
  • 中国市場への進出を考えているが、信頼できるパートナーが見つけられない。
  • 過去にも中国市場開拓を試みたが成功しなかった。同じ過ちは繰り返したくない。
  • 特許を保有してるが、その市場性を知ると共に実施企業を探したい。
  • 技術提携・事業提携をしたいが、感覚が分からず何となく不安である。
  • 提携後の関係を良好に保つマネジメントに不安を感じる。  など

本支援サービスの全体像

市場開拓方針、戦略立案支援

 対象となる商品・サービスの特性を踏まえ、将来の展開シナリオと共に、当初の市場開拓方針づくりと戦略立案を行ないます。また、立案した戦略に沿い、提携先選定の観点を抽出します。

情報発信、提携先とのマッチング支援

 「日中・アジア事業提携.com」(日本語、中国語、英語)《現在開発中》の活用による情報をオープンした提携先探索、及び有望な企業に個別に打診する情報をクローズドした提携先探索のどちらか、もしくは双方の活動により提携先を抽出し、評価・選定を行ないます。

002.jpg

個別交渉、契約支援

 提携先対象企業との個別交渉のエージェントとして支援します。当該国のビジネス慣習を踏まえ、以後も円滑に推進できるよう交渉を進め、契約をクロージングします。

事業化フォローアップ支援

 提携先対象企業の状況把握、マーケット情報分析、クロスマネジメント支援など、スタートアップ後のフォローアップを行ないます。

中国市場開拓のポイント

  • 中国企業への直接のアプローチではなく、台湾企業や台湾市場を通じた進出など、事業の特性に応じて、柔軟に対応すること(戦略の重要性)。
  • ビジネス常識、ビジネス感覚の違いを前提としたパートナー関係の構築(クロスカルチャー)。
  • 合弁現地企業と日本本社との認識ギャップが生まれることを理解した対応をすること。
  • スピードが極めて重要な要素となっている。

支援体制

株式会社リーディング・イノベーション

  • 新規事業開発、新市場開発、創業に特化した専門的支援を行なうプロフェッショナル企業。大手・中堅企業を中心に豊富な実績と経験を有している。特に、研究開発成果の事業化という課題に対する解決のノウハウを保有し、評価が高い。

亞洲商務管理(股)有限公司(Taiwan)
 SABC INTERNATIONAL CORPORATION

  • 台湾、及び華人経済圏のグローバルビジネスを始めたい人と企業を全面的にサポートする事業を展開し、30年のサポートの歴史を持つ。支援した日本企業は2,000社を越え、華人経済圏への進出支援の専門企業。

株式会社リンウッド

  • 代表である鈴木浩二(前トプコン社長)は、現在、中国の大手光学部品メーカーの社外取締役を務めているが、中国にはトプコン時代から培った強力なコネクションを持っている。このコネクションを活かし、技術力を持つ日本企業の中国市場進出(多くが技術提携・事業提携による)の支援を行なっている。

株式会社 AWS

  • フィリピンのマニラおよびセブのオフショア開発拠点を軸に、ビジネスアプリケーションや組込みソフトウェアの設計・開発、製品保証サービス、エンジニアリング技術者派遣など広範な事業を展開。

NPO法人日中協力機構

  • 中国における企業間交流に加え、文化交流での実績から中国政府、北京政府との密接なネットワークを持つ共に、日中協力機構という信頼のブランドも構築。中国のニーズを基点としたビジネスを日本企業に提案し、実現する支援活動に特徴がある。
  •  ※その他必要に応じ、専門企業と連携して支援を行ないます。

最近の主な実績(進行中も含む)

  • 日本の大手分析機器メーカーと中国の大手光学機器メーカーとの関係において、提携戦略の立案から技術提携による関係構築を支援。このことにより、日本企業は早期に中国市場に獲得を、中国企業は早期の技術獲得を実現した。
  • 特殊市場向け測定機器の中国市場進出を支援。特殊市場のため、その市場に強い販売ルートを保有する企業の発掘と販売提携成立を支援。
  • 電子機器システム商品において、高級電子機器を持つ日本企業と普及型の商品しか持たない中国企業との技術提携・販売提携の成立を支援。
  • 特殊カメラ商品において、高級機種を持つ日本企業と普及型の商品しか持たない中国企業との技術提携・販売提携の成立を支援。

【お問合せ先】
株式会社リーディング・イノベーション
TEL:03-3239-3711
(担当:高橋 E-mail:takahashi@lead-in.com)