HOME | New Business Solution | 新規事業開発異業種ワークショップ

更新日 2017-12-22

新規事業開発異業種ワークショップ

IBC:Innovative Business Collaboration

1.本ワークショップの狙い

新規事業開発が思うように推進できていない原因は様々考えられます。下記に新規事業開発のプロセスの概略を示しましたが、一般には、各々の工程での問題が指摘されています。

 すべての工程で問題を抱える企業は少なく、おそらく、どこの企業にも、特に弱い工程があり、新規事業開発力を高めていくには、この弱い工程の改善がより重要視されるべきものと思われます。何故なら、新規事業をつくっていくには、顧客のターゲッティング、商品・技術開発、顧客価値開発、売り方、のすべてがバランスよく整わなければ成功しないためです。



 また、新規事業は一般に、異業種への参入を行なうことが多く、そのため、自社だけでは機能として不足する場合も多くなります。このようなことから、近年では、企業アライアンスによる事業化も増加傾向にあります。特に、最近では、ビジネスレイヤーが異なる企業が連携し、新たなソリューション事業を提供するという形態が増えているように思われます。
このようなことから、ビジネスレイヤーや事業分野が異なる企業同士が、新規事業のテーマ 検討、企画立案という作業を、交流しながら共同で行なっていくことは、事業開発という面の みならず、人材開発面においても非常に有意義なものになると思われます。
  以上のような基本認識に基づき、本ワークショップは以下の目的の下推進したい考えます。
・ビジネスレイヤーが異なり、異質のコンピタンスを持つ企業同士が交流する新規事業開発ワークショップを実施することにより、
・垂直型アライアンスによる新たな新規事業開発のきっかけを掴むと共に、
・人材開発面における刺激を得、
・また、今後のテーマ具現化計画立案のヒントを抽出します。

2.本ワークショップ推進の基本的考え方

◆本ワークショップの枠組み(例)




◆ワークショップ推進の基本的考え方


①グループディスカッションを中心として、検討を進めていきます。
②グループは、B社 + A社チーム、B社 + C社チームの2チームで構成し、業種の特性の違いや強みを理解しながら、新たな事業モデルのきっかけつかむことを狙いとして、推進します。
③B社が保有する技術シーズや事業アイデア等を中心に検討のたたき台を作成します。
④状況に応じ、必要となるユーザー情報、あるいは最新のシーズ情報等を提供しながら、リアリティある検討を重視して推進していきます(情報提供:リーディング・イノベーション)。
⑤NDAについては、必要性が生じた時点で即、3社間、あるいは弊社を含めた4社間での契約に着手します。

3.ワークショップの進め方(例)