HOME | New Business Solution | 新規事業開発プログラム

更新日 2017-12-22

新規事業開発プログラム

ビジネスモデル構築プログラムとは 

選択と集中によりコア事業に資源を集中させることは基本的な戦略ですが、コア事業だけでは、将来の成長には限界があります。そのため、新規事業開発は、必須のテーマとなります。
しかし、魅力ある新規事業を開発するには、単に顧客のニーズに沿った商品をつくるだけでは期待に応えるレベルの事業をつくることは難しく、現在のような買い手市場の場合には、顧客にとって新鮮かつ大きな価値を提供することが必要であり、またそのオペレーションも価値に沿った最適なモデルを構築することが必要となります。すなわち、ビジネスモデルという観点からの調査・検討が大切となります。
本プログラムは、大手。中堅事業における新規事業モデルとベンチャーインキュベーションに関する豊富な現場経験を技術化し、体系化したものです。

次のような悩みを抱える企業にお薦めです


①優位となる経営資源が少なく、強みを活かした新事業テーマがなかなか見つけられな い。
②企画案は色々出しているが 、ニーズ指向になっておらず、魅力の乏しいテーマが多 くなっている。
③リスクに挑戦するというマインドを持った人材の不足している(風土的にこのような人材は育たない)。
④新規事業であるがゆえに、トップが理解しにくい。しかし、理解できなものには責任ある意思決定ができないという矛盾がある(先に進まない)。
⑤既存事業に見合った売上規模と早期収益化という極めて厳しい評価条件がある(条件を満たすネタがない)。
⑥取り組むべき新規事業領域についての方針がない。
⑦失敗経験の蓄積と成功体験のなさ。

ビジネスモデルの構造         


一言で「ビジネスモデル」と言っても、様々な解説がなされています。私共は、単に「e-ビジネス」をビジネスモデルと呼んでいるのではなく、また、単に従来とは「売り方が異なる事業」をビジネスモデルと呼んでいるわけでもありません。
 私共は、ビジネスモデルを、以下のような構造で捉えています。

失敗のメカニズム/成功のメカニズム


新規の事業をつくる際には、当然ながら失敗しないようなモデルを構築することが大切となります。
私共は、数多くの事例に触れており、また多くくの経験から魅力的なビジネスモデル構築のノウハウを有しています。これらノウハウを活かしながらの支援をするのが、本プログラムです。

CRP-CustomerRelationPlanning-とは


新規事業を成功に導くには、顧客のニーズに沿う、魅力ある商品をつくることが基本となります。
企画にあたっては、「顧客ニーズ」を意識しない人はいません。しかし、下図の左側のアプローチを取ってしまう可能性が高く(空想的ニーズプランニング)、結果的に「商品のあった顧客探し」をしなければならない状況になってしまいます。
CRPは、自然体のニーズ指向のアプローチを実現するための方法論であり、「何をつくるかを考える前に、顧客は誰かを決める」ことを基本的な考えとするものです。

推進ステップの全体像

第1ステージ 開発体質の診断と顧客の絞込み

第2ステージ 有望テーマの提案書作成

第3ステージ 事業展開シナリオづくりと事業化計画の立案

実績


◆大手機械メーカーの油圧機器事業部における新規事業開発
◆大手メーカー家電事業部における健康機器事業の新商品・新規事業開発
◆大手総合電機メーカーの機械事業部における新規事業開発
◆大手メーカー電材事業部における新商品・新規事業開発
◆大手制御システムメーカーにおける福祉分野への新商品・新規事業開発
◆大手飲料ボトラーにおける新事業開発
◆大手飲料メーカーにおける新商品・新事業開発
 など、他多数